コトブキシーティング株式会社

ホール・劇場・学校・スタジアム・映画館など、公共施設のイスやカプセルベットの製造・販売

DIVIDER仕切る、区切る、映す、防ぐ…
電動式の間仕切、ディバイダーが作り出す
新しい空間の形

体育館やアリーナ、劇場・ホール等の屋内大空間に多様な形、利用法を提供するディバイダー。空間を素早く簡単に分割し、優れた機能性と安全性、美しい外観により、スペースの有効活用を可能にします。

特徴

ディバイダー写真
多様なレイアウト

短時間で多様なレイアウトを提供

ディバイダーは3タイプの巻き取り方式を採用。どのタイプも短時間で展開・収納することができ、電動式のため、女性ひとりでも操作が可能です。さらに、複数のディバイダーを使用することで、様々なレイアウトを実現。効率的かつ多目的に空間を利用できます。

美しい外観

コンパクトかつ美しい外観を実現

高品質な素材を使用した弛みのないデザインのため、施設の美観を損ないません。また、収納時はコンパクトに天井におさまるので、施設本来の広い空間での利用においても、物理的・視覚的に邪魔になることはありません。素材は布とメッシュの2種類。カラーも豊富に用意しています。

カラーサンプル

優れた安全性

独自システムによる優れた安全性

内部に遠心力を利用したロック機構が組み込まれており、仮に装置が落下をしても即座にロックされる独自の安全システムにより、展開・収納時に落下する危険を二重に防ぐように設計されています。

カスタムグラフィック

カスタムグラフィックによる多彩な演出

高品質デジタル印刷によるグラフィック塗装に対応。ロゴマークやマスコットキャラクター、団体名、スポンサー名など、ご希望の図案を自由にレイアウトすることが可能です。

使用例

ディバイダー写真
間仕切例

間仕切として

間仕切として活用すれば、容易にレイアウトの変更が可能。ひとつの空間を分割して複数の会場を生み出します。空間を視覚的にも間仕切ることでプライバシー性も高まり、違う種類の催しが互いに干渉し合うことなく開催できます。公演・イベントの内容に合わせた、施設の柔軟な活用にその真価を発揮します。

防球ネット例

防球ネットとして

従来の防球ネットに比べ、ディバイダーは「面」で衝撃を受けることによって、たわみを圧倒的に軽減。飛んでくるボールの衝撃をより確かに吸収します。網目にバドミントンのシャトルが引っ掛かったり、卓球のピンポン球が他コートに侵入したりする問題も解決ができます。さらに、床面から天井までを間仕切るため、ボールが上部を飛び越えてしまうこともありません。

スクリーン例

スクリーンとして

ディバイダーのシートに映像を投影し、スクリーンとして活用することができます。講演会などの発表の場の他、試写会やライブビューイング、大規模イベント会場としての役割も果たします。

組み合わせ例

移動観覧席と組み合わせて

階段状に展開・収納される移動観覧席を併用すれば、前に座る人の頭でスクリーンが見えない等のトラブルも防止。また、客席数の増減を調整する用途でも活用できるため、催し物や目的に応じて、体育館やアリーナが、講堂・ホールに生まれ変わります。

FOLD-UP

FOLD-UP 最もシンプル、最もリーズナブル

製品写真:FOLD-UP
製品構造

蛇腹状にシートをたくし上げる最もシンプルな機構のディバイダー。物理的・視覚的に空間を分割するのに十分な機能を持ったロープライスモデルです。シート下部から蛇腹状に折りたたみながら収納するたくし上げ方式は、機構的に最もシンプルで、安定かつ安全な運用が可能です。カスタムグラフィックやメッシュ素材との複合使用も可能なので、施設の用途に合わせたカスタマイズが可能。米国での納入実績が最も多いポピュラーな製品です。

CENTER-ROLL

CENTER-ROLL 革新的デザインの高性能タイプ

製品写真:CENTER-ROLL
製品構造

製品中央のセンターバーで、中央部分から巻き上げるユニークなシステムのディバイダー。このディバイディングシステムは、シートの端から巻き取るタイプに比べ、巻き取る距離が半分になることで、設置・展開・収納時間を大幅に短縮。安定性、安全性も優れています。また、革新的なセンターロールデザインは、シートにより高い張りをあたえ、美しい外観をも実現しました。もちろん、カスタムグラフィックやメッシュ素材との複合使用も可能です。

通路の確保センターロールを境にしてシート下部の幅を変更することで、壁側に通路を確保することもできます。