コトブキシーティング株式会社

ホール・劇場・学校・スタジアム・映画館など、公共施設のイスやカプセルベットの製造・販売

後ろ通り抜け式講義机イスSD-777シリーズPRODUCT

木の温もりと合成樹脂のフィット感のハイブリット
独立脚はスムーズな通り抜けと隣席の振動を最小限に実現

    独立脚を採用して、席の後ろをスムーズに通り抜けられるようにした、講義用の固定式の机イスです。使いやすさを追求した構造と無駄のない形状が、「機能」と「美しさ」を実現しました。

    着席者がいてもラクラク通り抜けができる独立脚仕様

    大学の講義室や教室で導入が行われる固定式の講義用机イスは、イスが後ろの机の脚とセットになったタイプが多くありますが、SD-777シリーズは、イスの脚と机の脚をそれぞれに設けた、独立脚タイプです。この構造により、他の席のイスからの振動が伝わることなく、集中して授業に臨むことができます。

    また独立脚タイプは、他の学生が着席している時でも、その後ろを通り抜けることができます。着席者は無理のない前傾姿勢によって、席の後方の通路スペースを空け、通行者を通すことができます。空席時はイスがコンパクトに収納されるため、余裕のある通路スペースを確保できます。

    イス可動部に使用したダンパーは、収納時に速度を抑え、衝撃や音を吸収する効果があります。また離席時には机からわずか90mmとコンパクトに収納され、通り抜けスペースがさらに拡大しました。バネとダンパーの組み合わせで、耐久性のある機構を実現しています。

    木と合成樹脂の組み合わせでデザイン性と機能性を向上させたツーピース構造

    イスは背と座が分かれたツーピース構造です。背もたれの高さは、同じく独立脚を持ったSD-770シリーズよりも10mm高く設定し、座はカーブを増やしてホールド感を高めるなど、座り心地のブラッシュアップを図りました。

    素材には、背には温もりや落ち着きを感じさせる天然木を、座にはフィット感の高い合成樹脂成形品を使用し、デザイン性と機能性を向上しました。

    合成樹脂製の座は、木製の座に比べて、身体へのあたりが柔らかな点が特徴的です。SD-777シリーズは、背と座を素材を違えて構成することによって、見た目は木製イスと同じ雰囲気を演出しながらも、座り心地の快適さを高めました。教室の正面にあたる教卓・教壇側から机イスを見渡すと、空席時は背もたれの木部がしっかりと見えます。木製家具を使いながら、座った時の柔らかさを重視したい時に適した製品です。

    デザイン性を追求した脚部には、スタイリッシュなサイドパネルも

    脚部は、あらかじめ電源・通信ケーブルに配慮した設計で、オプションの配線カバーを付けてもすっきりとした印象を保つことができるデザインです。スライドコンセント、USBコンセントなどを、別途ご用意しています。※価格はお問合せください

    また、メタリックな輝きが印象的なサイドパネルもご用意しました。サイドパネルの有無は、お選びいただけます。校章を入れるカスタムメイドにも対応しており、特別な空間演出にも一役買います。


    【製品特集】大学の教室・講義室で人気の机イスは? 機能性からデザインまで選定ポイントを要チェック!

    仕様

    この製品の納入事例

    全て見る