コトブキシーティング株式会社

ホール・劇場・学校・スタジアム・映画館など、公共施設のイスやカプセルベットの製造・販売

今日と明日の通過点を、自分らしくシンプルにナインアワーズ成田空港がオープン!

レポート / 2014.7.23

2014年7月20日、カプセルホテル「ナインアワーズ成田空港」がオープンしました!

9h入り口

ホテル名のナインアワーズ=9時間は、7時間の睡眠に前後1時間の休息と身づくろいを加えた宿泊概念が由来です。ビジネスユースのホテル滞在時間は、約9時間から10時間。その時間が、宿泊者が自分らしく過ごせる時間であって欲しい――、そんな願いが込められたカプセルホテルです。

9hチェックインカウンター

オープンを控えた中旬、試泊会にお邪魔しました。
ホテルの入り口は、成田空港第2ターミナルに直結する、第2駐車場地下1階。まずは受付でチェックインです。カウンターの背後のモニターには、飛行機の発着時間が表示されています。深夜早朝の出発・到着も、国際空港では当たり前。ナインワーズももちろん、24時間チェックインが可能です。

チェックイン時に受け取るものは、ロッカーキーと館内着、タオル、歯ブラシ、そしてスリッパ。ここから先は、男女別々のエリアになります。カウンターを正面にして、左が男性エリア、右が女性エリアです。館内で異性とすれ違うことがないつくりになっているため、女性1人旅の利用も安心できそうです。連れの男性レポーターとはここで分かれて、私は右手の扉をくぐりました。

9hロッカールーム

まずは、ロッカールーム。こちらで館内着に着替えます。カプセルベッドは飲食禁止ですが、こちらのロッカールームは大丈夫。館内に自動販売機や飲食施設はないので、予め購入して来てくださいね。チェックアウト後に外出する場合は、受付にロッカーキーを預けて出掛けることができます。

9hロッカー9hロッカー

ロッカーには、ハンガーが2つ。ご覧の通り、コートやワンピースなど、丈の長い服を掛けやすい工夫がされています。一般的な大きさのスーツケースであれば、1つのロッカーで2つまで収納できます。

ロッカールーム以降は土足禁止のため、靴もロッカーに保管して、こちらでスリッパに履き替えましょう。


ロッカールームを抜けた先は、洗面所。滞在中の動線ができるだけスムーズになるよう、ロッカールーム、カプセルベッド、シャワールームの中心となる位置に、この洗面所があります。各トイレの個室と洗面台が対になっている点も、非常に便利です。

洗面の奥には、ドライヤーとティッシュペーパーが備えられています。髪をセットしたり、メイクをしたり、身支度を整えることができるスペースです。コンセントは自由に使えるので、ヘアアイロンなどを持ち込むこともできますよ。大きな鏡も嬉しいですね。

さて、こちらはシャワールーム。女性フロアには9つ、男性フロアには7つ設置されています。各シャワールームのドアを開けると、まず脱衣所があり、その先にはガラス扉で仕切られたシャワースペース。まるで、海外ドラマに出てきそうなお洒落な雰囲気です!
9hシャワールームシャワーヘッドの位置は簡単に調節が可能で、背が高い人も低い人も快適なシャワータイムを過ごすことができます。

アメニティは、ボディーソープ、シャンプー、コンディショナーが揃っています。こちらで使用されているのは、玉の肌石鹸のTAMANOHADAシリーズ、005FIG。ノンシリコンで髪に優しいだけではなく、性別問わず好まれそうな自然な香り。泡立ちもしっかりしており、乾かす時にはいつもより髪の毛がふわふわしているように感じました!
ちなみに、宿泊なし・シャワーのみの利用は、1時間以内1000円。長旅の最中には、ちょっとシャワーを浴びてサッパリしたいたいな、という場合もありますよね。ロッカールーム、洗面所は共同スペースですが、シャワールームはしっかりとした個室。旅の合間にほっと一息つくことができそうで、オススメです。

シャワーも終え、髪を乾かし、いよいよカプセルベッドに入ります! 貴重品はロッカーに入れて、カプセルベッドにはiPadと携帯電話を持ち込むことにしました。床に各ベッドの番号が書いてあるので、ロッカーキーと同じ番号のベッドに入ります。各ベッドには鍵付の扉はなく、ロールスクリーンのみ。中に入って、ロールスクリーンを閉めてしまえば、プライベート空間の完成です。

カプセルベッドに泊まることは、今回が人生で初めて。カプセルホテルは男性サラリーマンが利用するイメージでしたが、穏やかな光に包まれるナインアワーズのカプセルベッドは、まるで繭の中にいるようで、リラックスして横になることができます。左右にはちょっとした小物入れがあり、私はロッカーキーを置くことにしました。各ベッドにコンセントも1口備わっているので、携帯電話やデジタルカメラなどの充電ができます。無料のWi-Fiを利用して、インターネットにも接続可能。
コンセントの隣には、カプセルベッド内の明かりをコントロールできる照明調節のツマミがあり、その隣には、小さなスピーカー、そして「BGM」と書かれたツマミが。これをひねると、スピーカーからは、深い眠りへ導く川のせせらぎ音や、波の音が聞こえてきます。目を閉じると、まるで川辺に寝転がっているような気分です。無音だと落ち着かない、という方は、ぜひご利用ください。
ちなみに、1番右にあるのは、緊急用の非常呼び出しボタン。急病などの際には、こちらのボタンを押してフロントに連絡が可能です。

カプセルベッド内のマットは、体圧を散布し、心地良く体を支える特殊立体構造。また、質の高い眠りを提供するために、自然な寝返りを助ける枕が使用されています。足をしっかり伸ばせるだけでなく、寝返りも打てるゆったりとした広さが有り、快適な睡眠環境が整っています。通路を人が通る際の物音などが気になる方は、耳栓を持参すると、よりぐっすりと眠ることができるでしょう。

チェックアウトは翌朝10時。カプセルベッドとロッカールームの清掃があるため、連泊される方も、1度チェックアウトした後に、再チェックインください。早朝便に備えて前泊したり、深夜便で到着してから始発まで仮眠をしたり、空港ならではの自由なスタイルで利用が予想されるカプセルホテル。流行の「エクストリーム出社」にも一役買ってくれそうですね。
世界に類を見ない新しい滞在価値を生み出すナインアワーズ成田空港、ぜひご体感ください!

ナインアワーズ成田空港
オープン
2014年7月20日
料金
1泊3900円~
時間
24時間チェックイン可能、10:00チェックアウト
部屋数
129 (男性71、女性58)
アクセス
〒282-0004 千葉県成田市古込字古込1番地1 成田空港内第2旅客ターミナル 駐車場棟B1F
施主・運営
株式会社ナインアワーズ

レポーター:広報企画部 M.N


関連事例

全て見る

クールジャパンを代表する新しい旅文化の歴史と共に カプセルホテルをご検討の方