コトブキシーティング株式会社

ホール・劇場・学校・スタジアム・映画館など、公共施設のイスやカプセルベットの製造・販売

久留米市立日吉小学校
多目的ホール

学校・会議室・研修室 / 2017.8.7

  • 久留米市立日吉小学校校舎多目的室
  • 久留米市立日吉小学校校舎多目的室
  • 久留米市立日吉小学校校舎多目的室
  • 久留米市立日吉小学校校舎多目的室
  • 久留米市立日吉小学校校舎多目的室
  • 久留米市立日吉小学校校舎多目的室
  • 久留米市立日吉小学校校舎多目的室
  • 久留米市立日吉小学校校舎多目的室
  • 久留米市立日吉小学校校舎多目的室
  • 久留米市立日吉小学校校舎多目的室

130余年にわたる歴史と伝統を持つ公立小学校

日吉小学校は、130年以上の歴史を持つ公立小学校です。明治16年、当時六つあった小学校、東里・櫛原・螢川・三本松・日吉・日吉西を併合して創立されました。以来、洋画家の古賀春江氏や、ブリヂストン創業家出身で社長・会長などを歴任した久留米市名誉市民の石橋幹一郎氏など、数多くの優れた人材を輩出。

当時の校舎は既に建替えられてしまいましたが、伝統校の長い歴史を見守ってきた煉瓦壁は、今も学校の敷地を囲む塀の一部として佇んでいます。

多様な交流の場としての多目的ホール

2016年12月、新校舎が完成しました。その昇降口を抜けた先にあるのは、天窓と中庭から外光が入る、二層吹き抜けの多目的ホール。一学年が集まる広さに適したこの空間に、コトブキシーティングは収納式ステージを納めました。

ホール正面に備え付けられたステージは、リモコン操作で簡単に壁面に収納できる電動式。学年集会や視聴覚教育などの学内での活動に留まらず、外部講師や地域の方を招いて特別授業も行えるよう、ステージ周辺にはバトンとスクリーンも備えられました。

竣工して間もない2017年2月には、モンゴルからの留学生を招いて母国の話や馬頭琴の演奏会が行われ、児童は熱心に聴き入っていました。

多目的ホールは、2階の窓からも活動の様子を見ることができ、ホール周囲の扉を全開にすると、廊下と一体となった広く開放的な空間が生まれます。空間的にも視覚的にも開かれたこの多目的ホールが、より豊かな学びの場となることが期待されます。

居室データ

所在地
830-0017 福岡県久留米市日吉町77-1 
地図
施主
久留米市
設計
株式会社楠山設計・石井建築設計特定業務共同企業体
納入
2016年11月
台数
1

関連製品

すべて見る