コトブキシーティング株式会社

ホール・劇場・学校・スタジアム・映画館など、公共施設のイスやカプセルベットの製造・販売

横浜アリーナ
(2016年リニューアル)

多目的ホール(可動席) スポーツ施設 / ドーム・アリーナ・体育館(屋内)|2016.8.1

  • 横浜アリーナ
  • 横浜アリーナ
  • 横浜アリーナ
  • 横浜アリーナ
  • 横浜アリーナ
  • 横浜アリーナ
  • 横浜アリーナ
  • 横浜アリーナ
  • 横浜アリーナ
  • 横浜アリーナ

2016年7月、半年におよぶ大規模改修工事を経て、横浜アリーナは最新の機能を備えた多目的アリーナとして、リニューアルオープンしました。観覧席は、ワンランクレベルアップして生まれ変わっています。

アリーナの3階に位置する「スイート・ボックス」には、フランスのグループ会社キネット・ギャレイ・ルネッサンスの劇場イスを採用。従来の日本国内の大規模アリーナにはない、圧倒的なラグジュアリーさが光る観覧席です。イスの色は、横浜アリーナのテーマカラーであるブルー。腰掛けると足先が浮く程のたっぷりとしたクッションが背面・座面で身体をサポートします。スイートのイスには、その名前に相応しく、背面へ木が贅沢にあしらわれました。

3階から4階にかけて階段状に配置されたスタンド席は、東・西・南・北の4つのブロックに分かれています。約10,000席の可動式の観覧席を有し、イベントに合わせてレイアウトを自在に変更できる横浜アリーナでは、レイアウトに応じて座席への誘導方法も異なります。
それを踏まえて、よりご案内しやすくなるよう検討が重ねられ、今回のリニューアルでは、館内全体のサインを一新。スタンド席に設置されたナンバープレートも、視認しやすいデザインが施されました。足元を見ながら通路を歩く際に、席番号が視界へ入るよう、イスの座裏のナンバープレート位置にも工夫を凝らしています。背の形が平坦だった旧スタンド席に比べ、背中のカーブに沿った立体的な形状も大きな特徴です。この背のカーブによって、後ろに座る人の足元のスペースも広がっています。座面も高くなり、1度座ればすぐに分かるほど、快適性が格段に向上したデザインです。

観覧席全体に無地の鮮やかなブルーが揃う中、スタンド席の張地には、横浜の海をモチーフに波の模様をデザイン。LEDに照らし出され、まるで海のようなアリーナに、歓声の波が広がっていきます。

居室データ

所在地
222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜3-10 
地図
施主
株式会社横浜アリーナ
リニューアル
2016年7月
収容人数
17,000
設計・施工
株式会社竹中工務店

関連製品

すべて見る

関連事例

すべて見る