コトブキシーティング株式会社

ホール・劇場・学校・スタジアム・映画館など、公共施設のイスやカプセルベットの製造・販売

東京都立第三商業高等学校
視聴覚室

学校 / 教室|2018.3.8

  • 東京都立第三商業高等学校 視聴覚室
  • 東京都立第三商業高等学校 視聴覚室
  • 東京都立第三商業高等学校 視聴覚室
  • 東京都立第三商業高等学校 視聴覚室
  • 東京都立第三商業高等学校 視聴覚室
  • 東京都立第三商業高等学校 視聴覚室
  • 東京都立第三商業高等学校 視聴覚室
  • 東京都立第三商業高等学校 視聴覚室
  • 東京都立第三商業高等学校 視聴覚室
  • 東京都立第三商業高等学校 視聴覚室

江東区越中島に位置する、都立の商業高等学校

東京都立第三商業高等学校は、江東区越中島に所在する都立の商業高等学校です。通称「三商」と呼ばれるこの学校は、1928年開校と古い歴史を持ち、東京下町の名門商業高校として名前を知られています。

教育課程は、全日制と定時制に分かれており、総勢670名の生徒たちが通っています。

生徒も来客も集まる学びの空間にふさわしい机とイスを

2012年9月、昭和中期から後期にかけて生徒の学び舎であった、実習棟の改築工事が始まりました。約1年半の工期を経て誕生した、新実習棟。1学年全員が集合できる居室として新たに設けられたのが、110席のイスが並ぶ視聴覚室です。

イスは、収納式のテーブル付きの劇場イスタイプ。必要に応じて展開・収納できる背テーブルは、固定式の机とイスよりもスペースの効率化を果たすため、1学年が集まれる居室づくりには最適な仕様です。また、劇場仕様のイスは一般的な教室家具よりもグレード感があり、学校説明会や同窓会など、校外からの来客を案内する会場としても相応しい佇まいを持っています。

収納式のテーブルは、イスの背裏に直接設置しています。収納ボックスを設けるタイプに比べ、前の席との間隔を広く取ることができるため、通り抜けがスムーズです。教科書やプリント資料を置いたり、その場でメモを取ったりするにも十分な大きさです。

この居室で印象的なのは、1席ずつやや斜めになった、「雁行配置」と呼ばれるレイアウトです。当初、弧を描くよう曲線状の平行配置が検討されていましたが、端の席と壁側の通路幅が狭くなってしまうため、設計事務所を主体に再考。その結果、各席を斜めにずらして設置することで通路部分と壁側を平行にし、通路幅を保って最大限の席数を確保するという、雁行配置が採用となりました。機能性はもちろん、空間全体をすっきりと軽快な印象に仕上げています。


視聴覚室の大きな窓の向こうに広がるのは、豊洲運河。明るい日差しも差し込むこの空間で、高校生たちは今日も学びに励んでいます。

居室データ

所在地
135-0044 東京都江東区越中島3-3-1 
地図
施主
東京都
設計
株式会社JFE設計
納入
2014年1月
席数
110

関連製品

すべて見る