コトブキシーティング株式会社

ホール・劇場・学校・スタジアム・映画館など、公共施設のイスやカプセルベットの製造・販売

成田HUMAXシネマズ
フタリウム

映画館|2018.9.7

  • 成田HUMAXシネマズ フタリウム
  • 成田HUMAXシネマズ (リニューアル)フタリウム
  • 成田HUMAXシネマズ (リニューアル)フタリウム
  • 成田HUMAXシネマズ (リニューアル)フタリウム
  • 成田HUMAXシネマズ (リニューアル)フタリウム
  • 成田HUMAXシネマズ フタリウム
  • 成田HUMAXシネマズ フタリウム
  • 成田HUMAXシネマズ フタリウム
  • 成田HUMAXシネマズ フタリウム
  • 成田HUMAXシネマズ フタリウム

全席ペアシートの新感覚映画館、成田HUMAXシネマズの「フタリウム」

2017年4月、日本の空の玄関口である千葉県成田の映画館「成田HUMAXシネマズ」に、全席ペアシートのシアター「フタリウム」が誕生しました。家族と、恋人と、友人と――、「映画を二人で一緒に見ること」にたっぷり浸れるこの空間は、通常の鑑賞料金で利用できるという手軽さもあり、オープン以来評判を呼んでいます。

フタリウムでは、全席ペアシートという特徴を打ち出したイベントも多く開催されています。例えば、通常は中学生以上と入場制限があるフタリウムですが、初めて映画館を経験する小さな子供向けの特別イベントも。暗くなくない・音量が控えめ・歌ったり踊ったりできるなどの環境を整えアニメ映画を上映する「映画デビュープログラム」です。

また、婚活中者向けには、上映後にカフェスペースの「シネテラス」で軽食を食べたりしながら、映画鑑賞という共通の趣味を持った人たちで楽しく交流ができる「映画鑑賞コン」も実施。フタリウムならではの企画で、様々な客層を誘致しているのです。

鮮やかな赤と青のペアシートが描くハートのカタチ

フタリウムの場内は、主に赤と青のペアシートで構成されています。コトブキシーティングの海外グループ会社のひとつであるフェルコ社のイスが採用されました。

青いペアシートに囲まれた赤いシートの並びは、正面から見た時にハートの形をつくっています。I列のシートには、席番号の刺しゅうにもハートのマークをあしらいました。

このペアシートは、座面が2席分一続きに、背もたれはそれぞれ独立した仕様です。背もたれに体重をかけるとリクライニングするロッキングチェア仕様のため、自分にあった姿勢で鑑賞が可能。座席中央には可動式の肘掛もあり、肘掛を背もたれ側に上げれば、2席分のソファのようにゆったりと掛けることができます。

隣り合ったペアシート同士は間隔が空いているため、隣に座った知らない人と肘掛を取り合う問題も発生しません。また、前の座席との距離もじゅうぶんに設け通路スペースを広く取ることにより、スムーズな通行を可能にしました。

リクライニングができるラグジュアリーツインで最前列の鑑賞も快適に

スクリーンとの距離の近さから敬遠されがちな最前列のシートも、フタリウムでは抵抗感なく座ることができます。その秘密は、電動のフルリクライニング機構です。

通常、最前列のシートに座ると、スクリーンを仰ぐように見続けなければなりません。しかしこの「ラグジュアリーツイン」は、電動のリクライニング機構を備えており、完全に背もたれを倒し、寝転ぶようなスタイルで見ることができるのです。フットレストもあるため、足の先までしっかりとサポート。黒いレザーのシートから漂う高級感に反して、こちらの席も通常料金で座ることが可能です。

一人で鑑賞することが好まれがちな映画館で、「二人で楽しむ」魅力を投げかけるフタリウム。特別な人と二人で座りたくなる、そんなペアシートが揃っています。

居室データ

所在地
286-0029 千葉県成田市ウイング土屋80 ヒューマックスパビリオン成田
地図
施主
株式会社ヒューマックスシネマ
オープン
2017年4月
席数
82