コトブキシーティング株式会社

ホール・劇場・学校・スタジアム・映画館など、公共施設のイスやカプセルベットの製造・販売

5月26日、観客目線とプロ視点で“劇場”を語るトークイベントを開催します

イベント / 2018.5.9

5月26日(土)、観客目線とプロ視点で“劇場”を語るトークイベントを開催いたします。

演劇ライター&ラジオDJの上村由紀子さん、「Theatre at Dawn」とのコラボプロジェクト。
さまざまな劇場のイスが並ぶコトブキシーティングのショールームにて、劇場のイスに座りながら楽しめる、観客目線とプロ視点で“劇場”を語るトークイベントを開催します。

イベント概要

国内に約3300以上あるといわれる劇場やホール。普段、私たちが何気なく通う「劇場」ですが、自分との「相性」ってあると思いませんか? 作品のラインナップは勿論、アクセス、居住空間、舞台の観易さ、お化粧室の数、劇場スタッフさんの対応、ホワイエの印象etc etc……。

「この舞台、観ようかな…どうしようかな」と迷った時に「うん、あそこなら行くか!」と思える劇場もあれば「ああ…今回はパスでいいかな…」とつい後ろ向きになってしまうシアターもある。その違いって一体どこにあるのでしょう。

ということで、PICNIC.本格始動第2弾となる今回は「劇場」にスポットを当て、観客目線とプロ視点の2部構成で「劇場」の秘密を紐解いていきたいと思います!

イベント名PICNIC.シアトリカルトークイベント vol.2
『好きな劇場 ニガテな劇場』~観客目線とプロ視点で”劇場”を語る~
日時 2018年5月26日(土)15:00~16:30
※14:30から受付を開始いたします
会場コトブキシーティング株式会社 本社
〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台1-2-1 地図
参加費無料
人数先着60名
お申込5月9日(水) 19:00より受付開始
※定員に到達次第、締め切りとさせていただきます
※お申込み先は本ページ下部よりご確認ください

イベント構成

第1部 観客目線で劇場を語る

大劇場、中劇場、小劇場の代表的劇場をPick Upし、魅力と弱点とを喋り倒します。

    • 構成&ナビゲーター 上村由紀子(演劇ライター&ラジオDJ)
    • ゲスト 鈴木理映子(編集者・ライター)

第2部 プロ視点で劇場と椅子の秘密を紐解く

国内の劇場の椅子の8割以上を製作するコトブキシーティングのプロフェッショナルが、なかなか表に出ない劇場と椅子のアレコレを徹底レクチャー。

    • ナビゲーター 上村由紀子(演劇ライター&ラジオDJ)
    • プレゼンター 町田浩行・高井真(コトブキシーティング株式会社)

出演者情報

上村由紀子 演劇ライター&ラジオDJ

横浜市出身。桐朋学園大学演劇専攻科修了後、蜷川幸雄氏演出の舞台や映像作品に出演。FMラジオDJ、リポーター、TV番組ナレーター等を経て、幼少時からの観劇体験を活かし、演劇ライターに。雑誌、新聞、Web媒体で執筆しつつ、早稲田大学教育学部でのゲスト講師、ミュージカル・舞台関連のトークショーなど「語る」仕事も多数。TBS『マツコの知らない世界』「劇場の世界」案内人、TBS『アカデミーナイトG』出演、TBSラジオ『サキドリ!感激シアター』舞台コメンテーター、Yahoo×Gyao『さきどりBose』ゲスト。「“劇場”は人生を変える可能性を持った場所」の言葉を胸に、日々、さまざまな客席に出没中。

鈴木理映子(編集者・ライター)

大学卒業後、編集制作プロダクションを経て「シアターガイド」編集部に勤務。2006年より編集長をつとめ、2009年に退社後はフリーランスの編集者、ライターとして活動。舞台芸術関連のインタビュー、レポート執筆、アーカイブ構築、リサーチなど行う。編集を担当した冊子、書籍に『遊びをせむとや航行す 大駱駝艦の非常なる日常』(モーニングデスク)、『ポストドラマ時代の創造力』(白水社)、『<現代演劇>のレッスン』(フィルムアート社)など。共著に『戦後ミュージカルの展開』(森話社)。新国立劇場企画サポート委員(2010年度〜17年度)、NPO法人芸術公社設立メンバー。

町田浩行(コトブキシーティング株式会社)

東京都出身。武蔵野美術大学を卒業後、1990年に株式会社コトブキ(現コトブキシーティング株式会社)へ入社。劇場・コンサートホールのイスを製作する部署にて設計職を務める。その後、同部署で新製品の開発業務にも参加。主に携わった施設は、日生劇場、横浜国際平和会議場 (パシフィコ横浜)、サントリーホールなど。2002年のFIFAワールドカップ開催時には、スタジアムシートの製作プロジェクトチームにも参画。現在は、TS.bu(Theater Seating Business Unit)にて、劇場・コンサートホールのイスの製作を取りまとめ、年間20件以上の施設に関わる。好きな劇場は、日生劇場。

高井真(コトブキシーティング株式会社)

横浜市出身。日本大学大学院芸術学研究科 映像芸術専攻修了。テレビ番組制作会社、商社、メーカーなどを経て、2010年に株式会社コトブキ(現コトブキシーティング株式会社)へ入社。入社以前に携わった、劇団のロゴマークやフライヤーのデザイン・制作の経験を生かし、建築設計のコンペティションにてイスの受注を左右する提案書の制作・監修を担う。現在は、広報企画部にてカタログやパンフレット等、各種販促ツールの企画を担当。全国の納入施設の写真の撮影にも立ち合い、ディレクションを行う。好きな劇場は、KAAT 神奈川芸術劇場。

ショールーム概要

イベント会場となるショールームの情報は、下記のバナーをクリックしてご覧ください。

コトブキシーティングショールーム

お申込方法とイベントに関するお問い合わせ

お申込

お申込フォーム
※5月9日(水) 19:00より受付開始
※定員に到達次第、締め切りとさせていただきます

お申し込みに際しての注意事項

  • お申込みは、おひとりさま1枚のみエントリー可能です。
  • 参加者間での「譲渡」行為は禁止とさせていただきます。
    確認し次第キャンセル扱いといたします。必ず参加者ご本人がエントリーして下さい。
  • イベント中は、スタッフの指示に沿ってご参加いただけますよう、お願いいたします。
  • イスの上に立つ・激しく動かすなど、本来の用途以外の使用はご遠慮ください。
  • 会場内では、一切の動画および音声の録画録音をお断りいたします。
  • 受付時間からイベント開始までは、一部のエリアを除き、会場内を自由に写真撮影いただけます。
  • イベントの様子は、SNSをはじめとしたwebメディアへ自由にご投稿いただけます。許可なくスタッフや他の参加者の写真をアップするなど、肖像権の侵害にはご注意ください。
  • イベント開催中は、メディアの取材や弊社スタッフによる写真や動画の撮影が行われる場合がございます。予めご承知の上、お申込ください。

お問い合わせ

PICNIC.事務局
picnic154@gmail.com